地球にも優しいオーガニック野菜とは

>

オーガニックと無農薬と有機栽培の相違点について

「オーガニック」と名乗るための資格

日本の農林水産省が定めている基準には大きく分けて3つのポイントがあるといいます。

まず、微生物の働きによって作り出された有機肥料のみを用いて栽培するということです。
さらに少量であれば農薬の使用も認められてはいるといいますが、それは天然原料のものに限られているようです。
化学的に合成された農薬や化学肥料を一度でも使用したことのある田畑には、残留農薬といって収穫後も農薬の成分が残っている恐れがあります。
そこで栽培する作物の安全を確保するために、必要に応じて2~3年間は有機肥料を用いた土壌の浄化期間をもつことが義務付けられているのです。
最後のひとつは作物に対する遺伝子操作が行われていないということです。

ちなみにこれらの条件は野菜そのものへの表示に対する条件であるため、栽培の過程について「オーガニック」や「有機栽培」と表記することは問題にならないそうです。

貴重なオーガニック野菜の保存方法

農薬の使用を控えて栽培している場合やまったく使用していないというオーガニック野菜の鮮度を保つことは簡単なことではありません。

しかしながら注文する際の送料のことや、店頭であまり見かけないことなどを考えるとまとめ買いしたいと思うものかもしれません。
せっかく購入したオーガニック野菜を使いきれずに無駄にしてしまうことは不本意だと思いますので、少しでも野菜の鮮度を保つことができるような知識を身につけておくといいでしょう。
まずは野菜を保存する際の大前提として冷蔵保存がいい野菜と常温保存でいい野菜を知っておくことが大切です。
そして野菜の切り口から発生する「エチレン」が周りの野菜に悪影響を与えないようにラップやポリ袋に入れてから保存するといいそうです。
キャベツやレタスのような葉物野菜は芯をくり抜いてから湿ったペーパータオルをつめておくといいと言われています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る