オーガニック野菜の魅力

地球にも優しいオーガニック野菜とは

オーガニックの定義について

「オーガニック」や「無農薬」「有機栽培」という栽培方法はみな同じものを指していると思っていませんか?
一見するとどれも体や自然によい健康的な農法であるように思えますが、正確にはこのすべてが同じものを指しているわけではないといいます。

まず「無農薬」というのは農薬を全く使わないで行う農法のことを指しているのですが、残留農薬や近くの土壌からの影響などによって完全に農薬が検出されないようにすることは現実的にみてかなり難しいということや、農薬を使用したにも関わらず無農薬栽培だと偽って出荷する生産者が出てくるなど問題が起きてしまったので、現在は農林水産省によって「無農薬栽培」と表示することは禁じられているといいます。
これに対して英語の「オーガニック」には日本語で「有機」という意味があるので、「オーガニック」と「有機栽培」はほぼ同じものだと考えていいでしょう。
そしてこの農法と「無農薬」との違いは天然原料の農薬に限って少量なら使用できるという点にあるのです。
あえて言うなら元来の「オーガニック」には微生物が作り出した有機物を肥料として作物を育てるという単純な意味しかなかったというところが、厳密な意味での「有機栽培」との違いだと言えるでしょう。

昨今の健康ブームのおかげでオーガニック野菜に対する世の中の関心が少しずつ高まってきて店頭などで見かける機会も増えてきたので、今後はますます購入がしやすくなっていくかもしれません。

TOPへ戻る